35歳でのがん告知、最後の仕事。

35歳、妻と子(6歳)を持つサラリーマンに訪れた、突然のステージ4のがん告知。自身と同じ境遇の人たちが繋がれる「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」(https://cancer-parents.com)を立ち上げ、治療と平行して活動を続けている。最後の仕事の記録とする。

東北大学へ

人生2度目の仙台。昨年に続き、2年連続となります。 東北大学大学院の「がん看護学分野講演会」に講師としてお呼びいただき、お話をさせていただきました。 看護に関わる方々を中心に、お休みの日にも関わらず、たくさんの方にお集まりいただきました。本当…

NHKおはよう日本で「ママのバレッタ」紹介

11月10日(土)のNHK「おはよう日本」の中で、キャンサーペアレンツ会員である関直行さんのご家庭を中心に取材しながら、お子さんと読み聞かせするシーンにも触れ、えほん「ママのバレッタ」の紹介をいただきました。 ご協力いただきましたみなさん、本当に…

家族のための「死」

前回、「死」について語ろうというイベントを実施しました。 nishiguchi.hatenablog.com ここでは様々な気付きがあったわけですが、一番大きかったものはやはり、死を語るうえで、「家族」の存在は切り離せないということです。 それはどういうことかといえ…

ひさびさの福岡

こちらのイベントで、福岡へ行ってきました。 医療従事者向けセミナー2018 in 福岡「医療者間のコミュニケーション」 | 肺がん医療向上委員会 福岡を訪れるのが、記憶のある限りでは3度目。 最初は、こどものころ。南海ホークスのファンだった家族。ダイエー…

「死」について語るイベント

10月20日(土)に、浜松町にあるワークハピネス社のコミュニケーションスペースにて、みんくるカフェとキャンサーペアレンツのコラボイベント「死について語ろう。医療者とがん当事者で。」を開催しました。 「死」を語ることはタブーなんでしょうか。「死」…

「ママのバレッタ」予約開始!

キャンサーペアレンツのえほんプロジェクト第一弾、「ママのバレッタ」が予約開始となりました! アマゾン(amazon)で予約可能です。 商品の説明 内容紹介 「ママががんになった」 ——大好きなバレッタも つかえない。 抗がん剤で脱毛した母とのやりとりを、…

これまでとこれから

■告知後の治療 胆管がんの告知。すぐに手術をするものの、腹膜とリンパ節に転移があり、手術不可。その後は、胆管にステントを留置し、化学療法(抗がん剤治療)へ。数回は入院しながら実施し、その後は通院。 ■1年後にアレルギー 当初、二つの抗がん剤を併…

おとなの週刊現代

先日の週刊現代で掲載いただいた記事が、こちらの「おとなの週刊現代」の中でも、紹介させています。 gendai.ismedia.jp シニアの幸せを考える週刊現代「健康」増刊。名医が飲んでいる市販薬、がんになったら払わなくていいおカネなど、本物のおとなに送る …

長野朝日放送で紹介いただきました

先月、長野朝日放送(abn)にて、がんと仕事に関する放送があり、その中でキャンサーペアレンツ会員の方のお話と、キャンサーペアレンツのことについてもご紹介いただきました。 abn 信州がんプロジェクト ~知ろう、考えよう、がんのこと~ » 信州のがん最…

39歳になりました。

2018年10月8日、39歳になりました。 たくさんの方にお祝いのコメントをいただき、本当にありがとうございます。 正直、ここまで来れると思っていませんでした。なにか、変な感じです。 35歳で、ステージ4のがんを告知されて(5年生存率2.9%)、先行きもわか…

がんアライ宣言・アワード

昨年に発足した「がんアライ部」。 www.gan-ally-bu.com わたしも発起人として、この部活動に参加してきました。 www.gan-ally-bu.com 今回、この活動をより盛り上げていくために、また、様々な企業のベストプラクティスを見える化することで、他の企業でも…

企業と患者の協働について

先日、ある企業内の研修に呼んでいただき、お話をさせていただきました。 私自身の体験談ももちろんですが、大きななテーマは「協働」でした。 つまり、企業としては、患者さんのために何かできないかと考えているものの、何をしていいのかわからないので、…

10月27日(土)は、ちゃやまちキャンサーフォーラム!

わたしは、何を隠そう大阪の出身なんです。 大阪の方であれば、誰もが知っている(はず)の毎日放送MBS。茶屋町に本社がある、あの放送局。 私も学生時代には、この茶屋町界隈をデートで訪れたものです。 また、キャンサーペアレンツの活動をはじめてから、…

週刊女性

週刊女性に、取材記事が掲載されました。 《我が子へのがん告白》働き盛りの父が、葛藤の末に出した答えとエネルギーの源(週刊女性2018年10月9日号) www.jprime.jp 西口洋平さん ◎キャンサーペアレンツ代表 35歳で、胆管がんのステージ4と判明。手術はでき…

がんプラス(QLife)

日本最大級の総合医療メディア「QLife」が運営するがん情報サイト、がんプラス cancer.qlife.jp この中のコンテンツで、「VOICEー患者を支える人ー」というコーナーがあるんですが、こちらでキャンサーペアレンツについて取り上げていただきました。 cancer.…

9月21日は誕生日

「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」のリリースは、2016年4月1日。エイプリルフール、私自身ががんであることをカミングアウトして、活動がスタートしました。 その後、寄付をいただける方や支援いただける会社が出てきたことに伴…

大阪がん医療セミナー

先日、こちらのイベントに参加させていただきました。 私は大阪出身で、大阪弁なんです。 しかし、大勢の人の前で大阪弁で話すことは、非常に難しいわけです。多少覚悟して、練習をして、参加をしたわけであります。 200名ほど入る会場は満員。たくさんの方…

がんに負けるな

有名人ががんになると、必ず報道される。 なんかツライ治療を頑張ってるとか、体調が良くないとか、家族が献身的に支えているとか、そんなこと。 そして、大変な状況であればあるほど、みんな食いつく。私もその一人かもしれない。 ただ、その中で決まって出…

LAVENDER RING 大阪

9月15日(土)、大阪にてLAVENDER RINGのイベントが開催されました。 lavender-ring.com ■イベント概要日程:2018年9月15日(土)会場: パナソニックセンター大阪大阪市北区大深町 4番20号 グランフロント大阪 南館1階・2階参加費:無料実施内容1. MAKEUP&…

がんが消える・・・

9月8日(土)、NHK「おはよう日本」にて、キャンサーペアレンツについて取り上げていただきました。 #キャンサーペアレンツ #おはよう日本 #子育て中のがん患者 #SNSで支援 pic.twitter.com/7Sp51McArk — 西口 洋平/キャンサーペアレンツ (@nishigucci) 201…

プレジデントFamily

プレジデントファミリー・2018秋号(プレジデント社)にて、取材いただいた記事を掲載いただきました。 プレジデントファミリー | 雑誌『プレジデントファミリー』の公式サイト(プレジデント社) この記事では、キャンサーペアレンツ会員の方にもご協力をい…

慈恵医大柏病院でのお話

東京慈恵医科大学付属柏病院の緩和ケアチームのみなさんからお声がけいただき、お話する機会をいただきました。 9月4日(火)は、大きな台風21号が接近していて、開催が危ぶまれましたが、何とか開催することができました。非常に強い風が吹いていましたが、…

絵本をつくったおかあさんのはなし。

先日、キャンサーペアレンツのえほんプロジェクト制作「ママのバレッタ」を寄贈させていただいた三島市立図書館。 次はこちらで、えほんに込めた想いをお話させていただく機会をいただきました。 tosyokan.city.mishima.shizuoka.jp 演題 『絵本をつくったお…

グリーンルーペ第一弾イベント

話をはじめたのは、今年のはじめ。 認定NPO法人希望の会の轟さん、NPO法人肺がん患者の会ワンステップの長谷川さんとともに、これまでにないようながん啓発の取り組みを実施したいということで、集まりました。 各団体から数名ずつ集まって、ラウンドテーブ…

週刊現代

講談社「週間現代」9月8日号にて、取材いただいた記事が出ました。 見出しは、「有名人 私はこうして病気を治した」 間違いだらけですが、まあ良しとしましょう。 この記事のほかに掲載されている内容は、週刊誌ならではゴシップやきわどい系も多いのですが…

がんで困ったときに開く本2019

朝日新聞出版から発売されている「がんで困ったときに開く本2019」の中で、キャンサーペアレンツとメディリード社で共同調査を実施した結果が掲載されています。 こうして、患者さんの生の声が世の中に発信され、誰かの役に立つのであれば、ものすごくうれし…

愛媛県立図書館に絵本を寄贈しました

静岡県の三島市に続き、愛媛県立図書館にも、絵本「ママのバレッタ」を寄贈させていただきました。快く受けいれてくださり、誠にありがとうございます。貸し出しもできるとのことなので、たくさんの方に手に取っていただければ嬉しいです。 www01.ufinity.jp…

ヨミ子のニュース

先日のNHK「ニュースチェック11」で放送された内容が、WEBにもアップされていました。詳しく書かれています。 www.nhk.or.jp がんと診断される人のうち、18歳未満の子どもをもつ人は、年間5万6,000人に上ると推計されています。自分の病気への心配だ…

えほん、出版へ!

地道に続けてきた、えほんプロジェクト。 第一弾「ママのバレッタ」のあとがきには、こんな文章が入っています。 がんを告知されて頭が真っ白。でも私にはこどもがいる。立ち止まってはいられない。がんになったパパやママがあつまって「キャンサーペアレン…

TOKYO STARTUP GATEWAY イベント

社会課題起点でビジネスモデルを考える 〜SDGs時代のソーシャルビジネス最前線〜TOKYO STARTUP GATEWAY × 日経ソーシャルビジネスコンテスト 日時:2018/08/17(金)19時30分~21時30分会場:hoops link tokyo school.tokyo-startup.jp こちらのイベントに参加…