35歳でのがん告知、最後の仕事。

35歳、妻と子(6歳)を持つサラリーマンに訪れた、突然のステージ4のがん告知。自身と同じ境遇の人たちが繋がれる「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」(https://cancer-parents.com)を立ち上げ、治療と平行して活動を続けている。最後の仕事の記録とする。

日経新聞夕刊

昨日の日本経済新聞夕刊にて、「治療と仕事の両立」というテーマにて取材していただき、私の体験談とともに、キャンサーペアレンツについてもご紹介いただきました。 www.nikkei.com がんと告知され、手術をし、抗がん剤治療をはじめ、職場復帰できるのかは…

2回目!CPの集い in Nagoya

11月11日(土)、名古屋で2度目となる「キャンサーペアレンツの集い in Nagoya」を開催しました。 www.facebook.com 開催前日まで、天気予報では「雨」だったんですが、当日名古屋入りしてみたら、雲ひとつない『快晴』でした。 今回は、予約だけで40名を超…

ナオさんの日記(18)

「36歳の終活」という、ショッキングなタイトルですが、非常に冷静に、客観的な文章がもうなんとも言えません。 ナオさんの文章には、無駄がなく、なんかこう、ストンと入ってくるような不思議なチカラを感じます。 www.huffingtonpost.jp この写真もステキ…

がんになったら頼れる相談先(女性セブン)

11月23日号の「女性セブン」(小学館)に、キャンサーペアレンツ会員の方 3名に取材をいただきました。 3名ともに、快く取材を引き受けていただき、本当にありがとうございます。 率直に語っていただくことで、当事者の生の声が世の中に発信され、少しでも理…

がんによる離職は、図書館がくい止める

こんな挑戦的なタイトルのセミナーが、「第19回図書館総合展」(パシフィコ横浜)にて開催されました。 このセミナーに、図書館にはあまり縁のない私を呼んでいただき、パネルディスカッションに参加してきました。 もちろん、がんのこと、仕事のことをお話…

仙台に行ってきました

厚生労働省委託事業である、がん対策推進企業アクション。 www.gankenshin50.mhlw.go.jp このプロジェクトは、がん検診率を50%を目指し、職域でのがん教育を推進していくものであり、全国各地でがんの理解を広げるために、企業向けに勉強会を開催しています…

ナオさんの日記(17)

こどもとの何気ないやりとりの中で、「がん」というものをどのように扱い、どのように接するのか。 子をもつ親であれば、避けては通れないコミュニケーションであり、非常にデリケートな問題でもある。 www.huffingtonpost.jp がん教育の必要性が叫ばれてい…

AYA Cancer Summit 参加してきました。

若年性乳がん患者団体PinkRingが主催する「AYA Cancer Summit 2017」に参加してきました。 www.pinkring.info www.pinkring.info nishiguchi.hatenablog.com わたしも、午前中のパネルディスカッションにてお話をさせていただきました。 AYA世代のがんには様…

日本サイコオンコロジー学会2017

ちょっと報告が遅くなりましたが、10月14日~15日に品川で開催された「日本サイコオンコロジー学会総会2017」に参加してきました。 あいにく、私自身は入院しておりましたので、キャンサーペアレンツ理事のスタッフが参加し、ポスター発表を行いました。 昨…

ダイバーシティ

この言葉、良く耳にします。 私もがんになってから、もうすごい巻き込まれていった感じです。 ダイバーシティとは、 「多様性」などの意味を持つ英語。綴りは「diversity」。労働における「人材の多様さ」の概念などとして用いられる場合がある。 (実用日本…

AYA Cancer Summit 2017

11月4日(土)、聖路加国際大学の日野原ホールで開催される「AYA Cancer Summit 2017」。私も少し参加させていただきます。 AYAは、Adolescent and Young Adultの略で、15~39歳の思春期・若年成人世代のことです。 AYA世代のがんは、あまり社会に認知されて…

自分のために

35歳で胆管がんを告知され、ステージ4の5年生存率が一桁台であったことから、死を意識し、悩み、もがき、そのなかでできたキャンサーペアレンツ。 何のために、キャンサーペアレンツを立ち上げ、運営をしているのか。 もちろん、若い世代のがん患者のつなが…

座談会第2弾

メットライフ生命さまでの座談会。その第2弾が公開になりました。 第1段は、こんな感じでした。 nishiguchi.hatenablog.com 今回の第2弾では、「術後の生活の変化、家族への思い」がテーマです。 がんになって変わる生活と家族への思い、闘病で夫婦の絆は深…

がん暮らしフェア2017

11月3日(金・祝)、こちらのイベントでお話しをさせていただきます。 山田邦子さん率いるスター混声合唱団の楽しい歌声を聞くこともできます。ご都合があう方は、ご参加ください。 がん治療中でも、心地よく暮らしたい、できるだけ仕事もしたい。そんな患者…

ナオさんの日記(16)

第16話になりました。 「かあかね、抗がん剤、やめることにした」(かあか=お母さんの意)と言うと、意外な反応...... 返事がないので顔を見ると、声を出さずに泣いていました。 「えーっ!なんで泣いてんの?」と聞くと 「よかったなあ、と思って」よかっ…

日経ソーシャルビジネスコンテスト

キャンサーペアレンツをずっと続けていくために、働く世代・子育て世代の患者の声を世の中に発信していくために、事業化は非常に大切なテーマであると考えています。 そんな中で、このコンテストに応募し、1次審査を通過できたことは、素直に嬉しいし、これ…

中京テレビ「キャッチ!」

今年2月、名古屋での「キャンサーペアレンツの集い」から取材がはじまり、10月に放送となりました。 東京にいたので、生放送では見れませんでしたが、後日、録画を見ました。 感動しました。泣きました。 ここに出てくるお二方は、キャンサーペアレンツの会…

人事向け、がんと就労勉強会

10社ほどの大企業の人事の方にお集まりいただき、「がん治療と仕事の両立について」というテーマで、伝えるだけでなく、インタラクティブに、また、ワークをしながら、みんなで考えました。 (リクルートワークス研究所主催の「アルムナイゼミナール2017」に…

死を考える

キャンサーペアレンツを立ち上げて1年半。 嬉しいことがたくさんありました。その反面、もちろんわかってはいたことだけど、仲間の死にもたくさん触れてきました。 人一倍、誰かのために。 そんな想いが強かった方が多く、そういう想いに救われてきた人の気…

10月8日

38歳の誕生日を迎えることができました。 がんの告知から、3度目の誕生日。私は、35歳から38歳に、娘は年長さんから小学3年生になりました。 体調も生活も仕事も、いろんな浮き沈みがあり、ココロも上下があり、それでもここまでこれました。本当にみなさん…

NHKジャーナル

NHKのラジオ番組「NHKジャーナル」に出演させていただきました。 1週間にわたって、「がんを考える」という特集が組まれており、その最終日のテーマは、「子育て世代の患者の支援」ということで、こどもに親のがんをどのように伝えるかが主題でした。 私自身…

がんアライ部

がんを治療しながら働く「がんと就労」問題に取り組む民間プロジェクト「がんアライ部」発足 働き方改革として、がん罹患者がいきいきと働くことができる職場や社会を目指します がんを治療しながら働く「がんと就労」問題に取り組む民間プロジェクト「がん…

樋口宗孝がん研究基金

このたび、一般社団法人キャンサーペアレンツは、「樋口宗孝がん研究基金」の第5次助成金交付先に採択されました。本当にありがとうございます。 樋口宗孝がん研究基金(MHF:Munetaka Higuchi Foundation for Cancer Awareness and Research) ※樋口宗孝が…

ナオさんの日記(14)

生きるということがどういうことなのか。 心臓が動いていることなのか、それとも・・・ 長く生きればいいのか、それとも・・・ 短く太く生きるていくのか、それとも・・・ いろんな想いが交錯する日記です。 www.huffingtonpost.jp 入学式に参加できた喜びは…

振り出しに戻る

最近、活動の幅(というかキャンサーペアレンツに関係のないことも)が広がってきている。嬉しいことではあるものの、果たしてそれでいいのか?ということも思い出している。 そもそも、キャンサーペアレンツを立ち上げたのは、周囲に同世代のがんサバイバー…

大学の寄附講座

慶應大学湘南藤沢キャンパス(慶應SFC)で行われている、01Booster社が主催する寄附講座。 prtimes.jp この講座の一コマとして、キャリアや生き方、原点、きっかけみたいなテーマのときに、登壇をさせていただきました。 ちょうど、4年生は内定式の日とかぶ…

Global Patient Week

ある外資系製薬会社の取り組みとして、年に1度、全社で仕事の意義を見つめなおすことを目的として、「Global Patient Week」を設けている。 その中で、患者の立場で話をする機会をいただき、僭越ながらお話をしてきました。 がん告知前後の気持ちや、そこか…

高校で「がん教育」

都内の高校1年生向けに、「がん患者が伝えたいこと」というテーマでお話をしてきました。 進学率の高い高校ということもあり、頭髪の色は真っ黒。いまどきの高校生を知らず、驚き。彼らは16歳。私は37歳。まぁ、こどもでもおかしくない年代ですから。そう思…

座談会の様子が記事になりました

メットライフ生命様との取り組みで、座談会を実施しました。 テーマは、がんと診断されたとき、家族でどのように向き合ったのか。このテーマを男性、女性それぞれで話しを伺い、どのような違いがあるのかを確認していきました。 その第1段が、公開となりまし…

ナオさんの日記(13)

死ぬときは、前のめり。 なんなんだこの言葉は!というぐらい、ナオさんにしか言えない言葉。 死を前にして、人は無力。でも、考えて、行動することはできる。事実は一つでも、その捉え方を、意味を、かえることはできる。 キャンサーペアレンツの出会いが、…