35歳でのがん告知、最後の仕事。

35歳、妻と子(6歳)を持つサラリーマンに訪れた、突然のステージ4のがん告知。自身と同じ境遇の人たちが繋がれる「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」(https://cancer-parents.com)を立ち上げ、治療と平行して活動を続けている。最後の仕事の記録とする。

ヘルマン

Hermann H.&The Pacemakers(以下、ヘルマン)は、僕が大学生のころに出会ったバンド。当時は、バンドみたいなものには特に興味はなく、僕はももっぱら、山崎まさよしや、スガシカオなどが好きで聞いていた。 ヘルマンを知ったのは、友人の紹介で。ライブに…

毎日フォーラム

毎日新聞社が発行する政策情報誌「毎日フォーラム」 mainichi.jp 7月号にキャンサーペアレンツを取り上げていただきました。 mainichi.jp 「あしたの日本へ」という、途方もなく大きなタイトルなんですが、こちらで取材いただきました。 mainichi.jp この情…

日経ソーシャルビジネスコンテストMeetUP大阪

昨年、第1回目の日経ソーシャルビジネスコンテストの参加し、キャンサーペアレンツは特別賞を受賞することができました。 今年、第2回目が開催されますが、すでにエントリーがはじまっています。 ソーシャルビジネスにチャレンジしたい方は、ぜひエントリー…

清水健さん

清水健さんとお会いし、様々な取り組みについてディスカッションをさせていただきました。 gendai.ismedia.jp shimizuken.jp 同じように、子をもつ親として。「がん」という病気を通じて。同じ世代に生きるものとして。大阪にゆかりのある人として。 一般社…

CPの集い in Nagoya

6月30日(土)に、名古屋では3回目となる「キャンサーペアレンツの集い」を開催しました。 普段はオンラインでのつながりですが、オフラインで実際に会って話をしたいという方々も多く(私もその一人です)、会員さんが集まれる場所を定期的に作っています。…

お父さんとお母さんの座談会

キャンサーペアレンツの会員の方2名にご協力をいただき、私を含めた3名で座談会を実施。その様子を、日経DUALにてまとめて記事にしていただきました。 「がんの親座談会」と名づけられたこの企画は、我々世代の率直な想いや気持ち、どのようにがんと向き合い…

「がんのひみつ」

昨日、図書館で「がんのひみつ」というマンガを借りてきた娘が、がんのことをわかりやすく教えてくれた。明らかに他の子よりもがんに関心を持ってるし、なんとか父の役に立とうとしてくれている。がんになって、タダでは死ねないと思ってたけど、娘を見て頼…

がんが消えるサプリメント

先日、こんなことがありました。 見ず知らずの人から、がんが消えるというサプリメントの案内が届いた。雑誌や新聞、テレビなどで紹介されたものの荒いコピーと、利用者のがんが消えた荒い写真付きの体験談。だから、騙されたと思って、高い金出して飲んでみ…

キャラクターの名前、募集します!

キャンサーペアレンツのメインキャラクター。 これまで名前がなかったんですが、これから、キャンサーペアレンツにより親しみを持っていただくために、今後の展開の中で、このキャラクターたちにも活躍をしてほしいという想いを込めて、名前を広く募集したい…

父の日

6月17日は、父の日でした。 我が家では、家族で食べたいものを食べにいくという、普通のお休みを過ごしました。 (父の日とか関係ないやん) 食べに行ったのは、回転寿司。 「トリトン」というちょっといいお寿司なわけで。おいしい。 娘からは、私の前で堂…

abnステーション

長野朝日放送の「abnステーション」にて、キャンサーペアレンツのことを取り上げていただきました。 キャンサーペアレンツのことだけでなく、活動のことを支えてくれている勤務先「エン・ジャパン」へも取材をしていただき、みなさんも協力をしてくれました…

CPの集い in Osaka

6月9日(土)、大阪にて3回目の「キャンサーペアレンツ(CP)の集い」を開催しました。 たくさんの方に参加いただき、遠くは鹿児島から来られた方や、入院中にも関わらず抜け出してきてくれた方など、「会って話しがしたい」という強い想いを感じる場となり…

セカンドオピニオンに関する調査

35 歳の時にステージⅣのがんの告知を受け、それから 3 年以上抗がん剤治療を続けています。抗がん剤治療をはじめて 1 年たった頃、その時の薬が使えなくなりました。次の治療を選択する際に、主治医に相談しセカンドオピニオンを利用しました。主治医は好意…

がんサポート

株式会社QLifeが運営するWebメディア「がんサポート」。 gansupport.jp このメディアからお声がけいただき、取材をしていただきました。がん罹患の話、気持ち、仕事、お金、そして、キャンサーペアレンツのことなど、いろんな角度からお話をさせていただきま…

垣添さんとのお話

www.gsclub.jp youtu.be 日本対がん協会の会長で、元国立がんセンターの総長である、垣添忠生さんとお話をさせていただきました。その模様が、がんサバイバー・クラブのサイト内で公開となりました。 www.asahi.com 私の体験はもちろんですが、キャンサーペ…

ジャパンキャンサーサバイバーズデイ2018

日本対がん協会が主催する、ジャパンキャンサーサバイバーズデイにキャンサーペアレンツとして参加しました。 www.gsclub.jp 専門的に活動している各種支援団体が初めて集結し、参加者が自分や所属する患者会に合った情報を収集できるイベントです。支援団体…

医学部の学生へ

昨年に引き続き、医学部に学生向けにお話をさせていただく機会を頂きました。 nishiguchi.hatenablog.com nishiguchi.hatenablog.com テーマは、「がんの告知」について。題材はがんなんですが、大きなテーマとして、バッドニューステリング。 最初に、教授…

「がん教育」の取り組み

5月22日(火)に行われたコチラのイベント。 chuo.genki365.net ゲストトークで社会課題に触れる月1企画「十思カフェ」。2018年度は<SDGs(持続可能な開発目標)>の各目標をローカライズした企画をお届けします。vol.2は【目標3:GOOD HEALTH AND WELL-BEI…

次代を拓く日経オオテマチ会議

先日、こちらのイベントに参加してきました。 school.nikkei.co.jp 大手町にある日経ビルで開催されたこのイベント。 「次代を拓く日経オオテマチ会議 –キャリア×未来-」とは? 20代、30代の若手ビジネスパーソン中心に、キャリアや働き方、社会における様々…

お坊さんの研修会

がん ~その不安と思いに寄り添うために~ 私たちは普段、葬送儀礼をとおして死後の勤めを託されていますが、もっと早い段階から関わり、力になれることはないのでしょうか? そのためには、傷病者本人、そしてその家族の心情を積極的に知ろうとする必要があ…

がん哲学

がん哲学外来を立ち上げられた、順天堂大学の樋野興夫先生とお話をさせていただきました。 樋野先生が鳥取のご出身ということもあり、そのなまりかはわかりませんが、とても引き込まれていくような話し方で、もう、いつの間にか、「へ~」となってるわけです…

えほんプロジェクト

自身ががんになったとき、こどもにどう伝えればよいのか。そもそも伝えてよいのか。 こどもにわかりやすく伝えたいけど、重く伝わってしまうんではないか。ショックだけを与えてしまうんではないか。 がんのことを、こどもと一緒に理解できるようなものはな…

2018GW

今年もゴールデンウィークが終わりました。 みなさんは、どのように過ごされましたか? 私のゴールデンディークは、いつものんびりです。旅行に行くなんてことはほとんどないわけですが、今年は思い立って友人の住む『台湾』へ行くことになりました。 ゴール…

アクション宣言!

4月21日(土)。 東京で3度目となる「キャンサーペアレンツの集い」を開催しました。 普段はオンラインでの交流ですが、この場では、実際にお会いして、顔を見ながら、楽しく、ゆるく、お話をする機会となります。 ★満員御礼★第3回:キャンサーペアレンツの…

サイバーエージェント曽山さんとの対談

株式会社サイバーエージェントの取締役で、人事の責任者である曽山哲人さんと、「がんと就労」をテーマにお話をさせていただきました。 様々な気づきを得られた時間であり、サイバーエージェントのような会社であれば働きやすそうだなと思ったり。もちろん、…

オオテマチ会議

「次代を拓く日経オオテマチ会議 –キャリア×未来-」とは? 20代、30代の若手ビジネスパーソン中心に、キャリアや働き方、社会における様々な課題をテーマに掲げ、Keynote Speech + Workshopを行います。様々なバッググラウンドを持つ参加者とともに、個人や…

質問箱

がんに対する理解を広げていくために、まずは、みなさんが知りたいと思っていることを聞き、その質問に答えていくことで、現状を知れればと考えています。 そこで、 「Peing-質問箱-」というものを通じて、質問を募っています。匿名でできます。もちろん、答…

散歩

空き時間があれば、散歩する。 運動不足を補うため、新陳代謝をあげるためなど、目的はいろいろ。 最近は、打ち合わせで行った場所の近くをブラブラする。 打ち合わせ後に、一駅向こうまで歩いて東京タワーへ。めちゃくちゃ久しぶりに近くで見ると、やはり圧…

長くはない

先週は、3ヶ月に1回の造影CT検査でした。 採血をして、そのままルートを確保して、造影CTをやり、そのまま化学療法へ。その日はぐったりしてたわけですが。 検査後、ケモ(化学療法)を始める前に、主治医と簡単にお話を。 「大きな変化はないが、気になる所…

今年最後のお手紙

3月に行った、がんの授業のお手紙が、彼らが卒業してから届きました。 今ごろは、それぞれの環境で頑張っているんだろうと思います。みんなのチャレンジが素晴らしいものになることを願うばかりです。 届いたのは、3クラス分、100名ほどの生徒たちからです…