35歳でのがん告知、最後の仕事。

35歳、妻と子(6歳)を持つサラリーマンに訪れた、突然のステージ4のがん告知。自身と同じ境遇の人たちが繋がれる「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」(https://cancer-parents.com)を立ち上げ、治療と平行して活動を続けている。最後の仕事の記録とする。

取り組み

日経ソーシャルビジネスコンテストMeetUP大阪

昨年、第1回目の日経ソーシャルビジネスコンテストの参加し、キャンサーペアレンツは特別賞を受賞することができました。 今年、第2回目が開催されますが、すでにエントリーがはじまっています。 ソーシャルビジネスにチャレンジしたい方は、ぜひエントリー…

清水健さん

清水健さんとお会いし、様々な取り組みについてディスカッションをさせていただきました。 gendai.ismedia.jp shimizuken.jp 同じように、子をもつ親として。「がん」という病気を通じて。同じ世代に生きるものとして。大阪にゆかりのある人として。 一般社…

CPの集い in Nagoya

6月30日(土)に、名古屋では3回目となる「キャンサーペアレンツの集い」を開催しました。 普段はオンラインでのつながりですが、オフラインで実際に会って話をしたいという方々も多く(私もその一人です)、会員さんが集まれる場所を定期的に作っています。…

お父さんとお母さんの座談会

キャンサーペアレンツの会員の方2名にご協力をいただき、私を含めた3名で座談会を実施。その様子を、日経DUALにてまとめて記事にしていただきました。 「がんの親座談会」と名づけられたこの企画は、我々世代の率直な想いや気持ち、どのようにがんと向き合い…

キャラクターの名前、募集します!

キャンサーペアレンツのメインキャラクター。 これまで名前がなかったんですが、これから、キャンサーペアレンツにより親しみを持っていただくために、今後の展開の中で、このキャラクターたちにも活躍をしてほしいという想いを込めて、名前を広く募集したい…

CPの集い in Osaka

6月9日(土)、大阪にて3回目の「キャンサーペアレンツ(CP)の集い」を開催しました。 たくさんの方に参加いただき、遠くは鹿児島から来られた方や、入院中にも関わらず抜け出してきてくれた方など、「会って話しがしたい」という強い想いを感じる場となり…

セカンドオピニオンに関する調査

35 歳の時にステージⅣのがんの告知を受け、それから 3 年以上抗がん剤治療を続けています。抗がん剤治療をはじめて 1 年たった頃、その時の薬が使えなくなりました。次の治療を選択する際に、主治医に相談しセカンドオピニオンを利用しました。主治医は好意…

ジャパンキャンサーサバイバーズデイ2018

日本対がん協会が主催する、ジャパンキャンサーサバイバーズデイにキャンサーペアレンツとして参加しました。 www.gsclub.jp 専門的に活動している各種支援団体が初めて集結し、参加者が自分や所属する患者会に合った情報を収集できるイベントです。支援団体…

医学部の学生へ

昨年に引き続き、医学部に学生向けにお話をさせていただく機会を頂きました。 nishiguchi.hatenablog.com nishiguchi.hatenablog.com テーマは、「がんの告知」について。題材はがんなんですが、大きなテーマとして、バッドニューステリング。 最初に、教授…

「がん教育」の取り組み

5月22日(火)に行われたコチラのイベント。 chuo.genki365.net ゲストトークで社会課題に触れる月1企画「十思カフェ」。2018年度は<SDGs(持続可能な開発目標)>の各目標をローカライズした企画をお届けします。vol.2は【目標3:GOOD HEALTH AND WELL-BEI…

次代を拓く日経オオテマチ会議

先日、こちらのイベントに参加してきました。 school.nikkei.co.jp 大手町にある日経ビルで開催されたこのイベント。 「次代を拓く日経オオテマチ会議 –キャリア×未来-」とは? 20代、30代の若手ビジネスパーソン中心に、キャリアや働き方、社会における様々…

お坊さんの研修会

がん ~その不安と思いに寄り添うために~ 私たちは普段、葬送儀礼をとおして死後の勤めを託されていますが、もっと早い段階から関わり、力になれることはないのでしょうか? そのためには、傷病者本人、そしてその家族の心情を積極的に知ろうとする必要があ…

えほんプロジェクト

自身ががんになったとき、こどもにどう伝えればよいのか。そもそも伝えてよいのか。 こどもにわかりやすく伝えたいけど、重く伝わってしまうんではないか。ショックだけを与えてしまうんではないか。 がんのことを、こどもと一緒に理解できるようなものはな…

アクション宣言!

4月21日(土)。 東京で3度目となる「キャンサーペアレンツの集い」を開催しました。 普段はオンラインでの交流ですが、この場では、実際にお会いして、顔を見ながら、楽しく、ゆるく、お話をする機会となります。 ★満員御礼★第3回:キャンサーペアレンツの…

サイバーエージェント曽山さんとの対談

株式会社サイバーエージェントの取締役で、人事の責任者である曽山哲人さんと、「がんと就労」をテーマにお話をさせていただきました。 様々な気づきを得られた時間であり、サイバーエージェントのような会社であれば働きやすそうだなと思ったり。もちろん、…

オオテマチ会議

「次代を拓く日経オオテマチ会議 –キャリア×未来-」とは? 20代、30代の若手ビジネスパーソン中心に、キャリアや働き方、社会における様々な課題をテーマに掲げ、Keynote Speech + Workshopを行います。様々なバッググラウンドを持つ参加者とともに、個人や…

質問箱

がんに対する理解を広げていくために、まずは、みなさんが知りたいと思っていることを聞き、その質問に答えていくことで、現状を知れればと考えています。 そこで、 「Peing-質問箱-」というものを通じて、質問を募っています。匿名でできます。もちろん、答…

今年最後のお手紙

3月に行った、がんの授業のお手紙が、彼らが卒業してから届きました。 今ごろは、それぞれの環境で頑張っているんだろうと思います。みんなのチャレンジが素晴らしいものになることを願うばかりです。 届いたのは、3クラス分、100名ほどの生徒たちからです…

日経新聞朝刊に記事が!

3月3日に行われた日経ソーシャルビジネスコンテストのシンポジウム・表彰式の様子が、4月5日の日本経済新聞朝刊に掲載されました。 左下のほうに、キャンサーペアレンツのことも少しご紹介いただいています。 こちらには、当日の写真がたくさん掲載されてい…

がんと共生アンバサダー

ネーミングの良し悪しはともかく・・・ 「がんと共生アンバサダー」をスタートさせます。 www.lifenet-seimei.co.jp これは、なにか?? 保険に入るときに、どこまで理解して入るのか。 私の場合は、子どもも生まれたし、とりあえず入っておこう。みたいな感…

エムティーアイ社での研修

先日、株式会社エムティーアイさんの社内研修に講師として呼んでいただき、いろいろとお話をしてきました。 www.mti.co.jp 「ルナルナ」や「music.jp」などのサービスを運営している会社であり、ヘルスケア領域のビジネスにもチカラをいれています。 この会…

ビジコンの打ち上げ!

3月3日に行われた日経ソーシャルビジネスコンテストの表彰式。これをもって、一旦コンテストについては終了となったわけですが、ボクのなかでは終わっておらず。 nishiguchi.hatenablog.com 今回のコンテストのプレゼンに向けて、長い時間をかけてアドバイス…

またまたお手紙いただきました!

中学校でおこなった、がんの授業。 みんなから感想文(お手紙)をいただきました。いろんな感じ方があり、いろんな受け止め方があり、いろんなコメントがありました。 これを見て、反省することもあるし、気付くこともあるし、話しをして良かったなと思うこ…

マギーズ東京へ

東京では、3月には珍しく20度近くまで気温が上がったある日。 2016年10月のオープン日以来の訪問となる、マギーズ東京へ。 オープンの時も思いましたが、本当に素敵な場所で、今回もココロ温まるような居心地の良さを感じました。それは、建物だけでなく、そ…

中学生の感想文が届いた!

先日行った中学校での「がんの授業」。 参加した3年生から感想文が届きました。 100枚ほどの感想文をひとつひとつじっくり読ませていただきました。授業中にはわからないけど、みんなそれぞれ色んな背景があったり、想いがあったり、感じることがあったり、…

日経ソーシャルビジネスコンテスト表彰式

3月3日(土)、日経ホールにて「日経ソーシャルビジネスコンテスト」の表彰式が行われました。 social.nikkei.co.jp キャンサーペアレンツは、特別賞に選ばれました。 本当に多くの方のサポートがあったから、ここまでやってくることができました。それは、…

医療系の専門学校にて

大阪の友人から、 「大阪にある医療系の専門学校で話をしてくれないか」 ということで依頼をもらって、「もちろん!」と答えた。 それが、今回のきっかけで、たくさんの学生の前で話をする機会をいただきました。 看護師、理学療法士、鍼灸師など、様々な専…

パネルディスカッションの内容(朝日新聞)

2月27日の朝日新聞に、2月4日のイベントの記事が掲載されました。 ネクストリボンのイベントでは、前半では「がんについて語ろう」ということで、古村比呂さんや小西博之さん、向井亜紀さんなどと15分ずつのプレゼンに参加しました。 www.asahi.com nishiguc…

BEQ NEWS(ベックニュース)

食を通じてQOLの向上に貢献する栄養情報誌『BEQ[ベックニュース]』 医療従事者向けに発行されているんですが、今回の号では、キャンサーペアレンツとクリニコ社の共同調査を行ったデータなども含めて、記事が掲載されています。 ※プレスリリース(2018年1…

6年生からのお手紙

先日、がんの授業を担当した小学6年生のみんなから、お手紙をいただきました。 どのお手紙も、ホントにうれしくて、なんかこのためにお話をしていると言ってもいいぐらい。 話す側もこんなにパワーをもらえるので、もっともっと、がん経験者の話し手が増えれ…