読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳でのがん告知、最後の仕事。

35歳、妻と子(6歳)を持つサラリーマンに訪れた、突然のステージ4のがん告知。自身と同じ境遇の人たちが繋がれる「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」(https://cancer-parents.com)を立ち上げ、治療と平行して活動を続けている。最後の仕事の記録とする。

中学生の感想

取り組み

先日、都内の中学3年生向けに「がん教育」の一環で、お話しをさせていただきました。その感想が届きましたので、100名分に目を通しました。

それぞれが様々な感想をもってくれていて、嬉しかったです。

 

なかには、親をがんで亡くされていて、大変な思いをしたにも関わらず、僕の話を受け止めてくれていたり。

なかには、命を大切にして、今を精いっぱい生きていきたいと、病気のことではなく、考え方に触れてくれたり。

なかには、同じ関西の出身で、一緒にがんばろうとか、講演の中で話かけてくれてありがとうとか。

 

f:id:nishigucci2492:20170324175810j:plain

 

f:id:nishigucci2492:20170324175825j:plain

 

f:id:nishigucci2492:20170324175912j:plain

 

f:id:nishigucci2492:20170324175947j:plain

 

f:id:nishigucci2492:20170324180024j:plain

 

f:id:nishigucci2492:20170324180058j:plain

 

f:id:nishigucci2492:20170324180131j:plain

 

f:id:nishigucci2492:20170324180234j:plain

 

f:id:nishigucci2492:20170324180311j:plain

 

f:id:nishigucci2492:20170324180344j:plain

 

すべての感想が、話しをしたこと以上に理解をしてくれていて、自分なりの解釈をして受け止めてくれていることに、本当に驚かされました。読みながら、前頭が熱くなりました。

 

これからも機会があれば、がんになって気づいた「当たり前のこと」について、お話ししていきたいと考えています。

 

 

https://cancer-parents.com

 

親のがんを子どもに伝えるべきか?

メディア 取り組み

メディカルトリビューン社が運営する医療メディア「あなたの健康百科」にて、キャンサーペアレンツの調査結果を取り上げていただきました。

 

f:id:nishigucci2492:20170323170406j:plain

kenko100.jp

 

より多くの方に今回の結果を知っていただき、こどもとのコミュニケーションを後押しするものになればいいなと考えています。

 

 

https://cancer-parents.com

 

針さし

病院

ほぼ毎週、点滴による抗がん剤治療をしています。

 

病院に行けば、採血で針をさし、点滴で針をさします。最低でも2回は、針をさされるわけです。

 

ですが、僕の血管がなかなか見えにくく、ずっと点滴をしていることもあり、「血管が逃げる」「なかで潰れている」などという状態らしく、なかなかすんなり刺させてもらえず。

 

f:id:nishigucci2492:20170322114925j:plain

 

2度3度、失敗することもあります。そうなると、ブスブスと針をさす回数がふえていきます。どう転んでも、気持ちの良いものではなく、できることなら刺したくないわけで。

 

最高記録は、採血で2度、点滴で4度で、計6度も針をさされました。もう、痛いというか、辛いというか、悲しいというか、あきれるというか、そんな感情なわけで。

 

でも、こうして治療ができているのはとても良いことだと思っています。ありがたいです。

 

いつ、今の抗がん剤が効かなくなるかわかりませんが、できる限り続けていこうと思っていますし、針を何度刺されても我慢します。

(とはいえ、一発でお願いします)

 

 

https://cancer-parents.com

 

資生堂さんとのメイクアップ勉強会

取り組み

資生堂さんのご協力により、キャンサーペアレンツと共催にて、がん患者さんのためのメイクアップ勉強会を開催することになりました。

 

がん治療における副作用などによる外見の変化で、外出や人に会うことが億劫になったり。また、気持ちが沈んでしまったり。

 

そこで、外見変化を目立たなくするメイクアップアドバイス資生堂さんとともに学び、家に帰ってから自身でメイクができるようになっていただけます。

 

キャンサーペアレンツ会員の方に向けたイベントとなっておりますが、参加費は無料で、メイク相談、お土産もあり、参加者の交流会も実施いたします。

 

是非、ご参加ください。 

 

cancer-parents.com

 

www.facebook.com

 

資生堂さんとのコラボ企画!がん患者のためのメイクアップ勉強会

 

www.shiseidogroup.jp

 

 

今後も、様々な活動を通じて、前向きになれるように、サポートしていきます。

 

 

https://cancer-parents.com

 

はじめての〇〇

取り組み

がんノートの岸田徹くん(キシリトール)と、ゆるく、グダグダな番組をスタートしました。

3月20日に第1回目を放送しましたが、やはり、グダグダでした。こちらから、アーカイブを見ることができますので、暇なときにでもご覧ください。

 

freshlive.tv

 

f:id:nishigucci2492:20170321115650j:plain

こんな感じでした。最後に「まるまる」と言ったときです。

 

 

次回は、4月中旬を予定しています。

よろしくお願いします。

 

 

 

https://cancer-parents.com

 

J-WAVE 「WITH」#2

メディア

先週に引き続き、J-WAVE「WITH」にゲスト出演をしてきました。

オンエアの様子は1週間の間、ラジコから聞くことができます。でも、関東圏の方だけなので、ご容赦ください。

ALSと戦う武藤さんとの会話は非常に楽しく、刺激的でした!このような機会をいただきまして、ありがとうございます!

 

radiko.jp

 

withals.com

 

camp-fire.jp

 

f:id:nishigucci2492:20170318110532j:plain

 

 

https://cancer-parents.com

 

がん患者のコミュニケーションに関する実態調査

取り組み

キャンサーペアレンツを開設以来、はじめての大規模調査を実施しました。

私自身ががん告知のときに悩んだ、こどもに伝えるのか、どのように伝えるのか、どんな影響があるのか、誰に相談をするのか。そんなことを、キャンサーペアレンツの会員の方がどう考え、行動をしてきたのか、どのように感じているのかなどの実態を少し理解するものになったのではないでしょうか。

今後も、様々な調査を通じて、子育て世代、働き盛り世代のがん患者のリアルに触れながら、少しずつでもがんになっても生きたいきやすい社会の実現に向けて、歩みを進めていきたいと考えています。

 

doc.co

www.medi-l.com

www.medi-l.com

headlines.yahoo.co.jp

 

https://cancer-parents.com

 

大学生に向けたお話し

取り組み

東大の赤門の前。

学生のためのコミュニティ&イベントスペース「PRECIOUS」にて、大学生とお話しをしてきました。

これから就職を控えて、働くことの心構え、仕事とは何か、やりたいことに気付けるか、などについて、意見交換をしました。

自身もまだまだ若いと思っていましたが、大学生とは15歳以上も違うということに驚き、少しショックでした。

 

f:id:nishigucci2492:20170316112705j:plain

東大赤門。すごい感じがある。

 

 

f:id:nishigucci2492:20170316112819j:plain

赤門前にある、PRECIOUS

 

 

f:id:nishigucci2492:20170316112933j:plain

キラキラしたまなざし。笑いもいくつかとれました。

 

 

f:id:nishigucci2492:20170316113021j:plain

ざっくばらんに会話。就活、社会人、ベンチャーなど、様々な話題に。

 

 

f:id:nishigucci2492:20170316113129j:plain

みんなで。元気をもらいました。

 

 

非常に居心地の良い場所で、大学生だったらまた来たい場所でした。

en-precious.jp

 

https://cancer-parents.com