読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳でのがん告知、最後の仕事。

35歳、妻と子(6歳)を持つサラリーマンに訪れた、突然のステージ4のがん告知。自身と同じ境遇の人たちが繋がれる「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」(https://cancer-parents.com)を立ち上げ、治療と平行して活動を続けている。最後の仕事の記録とする。

読売新聞

5月24日(水)の読売新聞夕刊に、キャンサーペアレンツについて、取り上げていただきました。

発売されているマンガ「晴れときどき末期がん」も触れられています。また、過去に実施した「コミュニケーションに関する実態調査」から、こどもへの告知に関する調査結果を紹介していただきました。

nishiguchi.hatenablog.com

 

 

f:id:nishigucci2492:20170527233251j:plain

 

f:id:nishigucci2492:20170527233244j:plain

 

f:id:nishigucci2492:20170527233230j:plain

 

f:id:nishigucci2492:20170527233235j:plain

 

nishiguchi.hatenablog.com

 

 

 

https://cancer-parents.com

 

メットライフ生命座談会

先日、メットライフ生命さんが展開している「がんと向き合うためのFIRST GUIDE」の新たなコンテンツとして、キャンサーペアレンツと共同で座談会を企画・実施しました。

www.metlife.co.jp

 

男女それぞれから、闘病やこどもへの告知、お金のことなど、パートナーへの想いについて語っていただきました。

様々な意見が出てきて、非常に有意義な時間となりました。

 

コンテンツがアップされるのは少し先ですが、着実に「子育て世代、就労世代のがん患者の声」が社会に発信されていっています。

この動きをより加速し、がんに対する理解を広げ、少しでも、がんになっても生きやすい社会に近づけていきたいと考えています。

 

f:id:nishigucci2492:20170523180157j:plain

会場から見えたスカイツリー。絶景でした!

 

 

f:id:nishigucci2492:20170523180311j:plain

男性の方から、「妻に対する感謝」が語られました。こぼれ話しもたくさん!

 

 

f:id:nishigucci2492:20170523180433j:plain

女性の方からは美談ではなく、リアルな話の数々が・・・。編集に期待!

 

 

ご協力をいただきました多くの方々に感謝申し上げます。

そして、これからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

https://cancer-parents.com

 

東海テレビ

東海テレビ「みんなのニュースONE」にて、キャンサーペアレンツ、ならびにキャンサーペアレンツにも登録いただいている方のインタビューを放映いただきました。

名古屋でのオフ会の様子だけでなく、アンケート調査結果まで、キャンサーペアレンツの活動について触れていただきました。ありがとうございます。

 

nishiguchi.hatenablog.com

nishiguchi.hatenablog.com

 

f:id:nishigucci2492:20170522220248j:plain

 

f:id:nishigucci2492:20170522220254j:plain

 

f:id:nishigucci2492:20170522220300j:plain

 

f:id:nishigucci2492:20170522220306j:plain

 

f:id:nishigucci2492:20170522220311j:plain

 

東海地域でもどんどん活動を行っていきます。

 

 

https://cancer-parents.com

 

体調、わろし・・・

定期的、だいたい半年おきぐらいに入院をしていますが、前回が昨年の秋だったので、そろそろという時期になってきました。

なぜ入院かというと、「胆管がん」において、がん細胞が胆管を閉じようとしてくるわけですが、それを食い止めよう(中を流れる胆汁を流し続けよう)と、胆管内にステントを入れています。

もちろん、そのステントも万能ではなく、いろんなものが管を流れているなかで、目詰まりがおこり、胆汁が流れなくなる。そこで、胆管炎がおき、入院となるわけです。

 

兆候は、採血結果でなんとなく出てきます。もちろん、出ないこともあります。

これまでの入院までの経過で見れば、予想できたか突然かは半々でした。わかりやすい症状は、急な発熱です。何の予兆もなく、39度ぐらいの熱が出ます。すぐに病院へ行き、入院となるわけです。

 

今回はどうか。

発熱はしたものの、熱はすぐに下がりました。←ココで病院にはいかなかった(汗

その後、多少の体のダルさはあるものの、そんなに大きなものではない。しかし、黄疸のときに出ていた症状らしきものが少し出ている。それは、尿の黄色さと、肌のかゆみ。大きなものではないものの、これは間違いなく、入院の兆候です。

 

大事な予定がいくつかあるため、「もうちょっと待ってー」というのが本音ですが、無理はいけません。文字通り、命取りになる可能性もありますから。

 

何回入院しても、入院はイヤなものです。

自由を奪われた感覚。時間を無意味にすごす感覚。社会との隔たった感覚。食事はまずいし、ベッドは固いし、隣人のイビキはうるさい。とほほ。

 

もちろん、まだまだ生きます!

 

 

 

https://cancer-parents.com

 

900名

キャンサーペアレンツの会員数が900名となりました。

サービスリリースから1年1か月。地道に、また課題も多く、まだまだこれからですが、そんななかでもこれだけの「仲間」ができました。

多くの方に、日々支えられています。本当にありがとうございます!

 

f:id:nishigucci2492:20170513091733j:plain

 

これからも、よろしくお願いします!

※昨日のケモで、ちょっとダルダルです。

 

 

 

https://cancer-parents.com

 

ケモ withT

今日は、ケモ(化学療法)の日でした。

病院のみなさんに知ってほしいなーという想いと、気持ちが少しでもラクになればいいなーと思って、キャンサーペアレンツTシャツを着て通院しました。

仲間がいるのは心強いもんです。

 

f:id:nishigucci2492:20170512183807j:plain

 

これからも勝負Tシャツですね。

 

 

https://cancer-parents.com

 

社長の想い

私が勤務している会社。

がんであることを告知したときの社長の想い、私の想い。そして、判断。

本当に嬉しいし、頑張ってきて良かったし、さらに会社のために頑張ろうと思う。

 

あくまでも一つのケースかもしれないが、もし、自社でがんと告知された従業員がいた場合の参考になればうれしい。もちろん、がんでも、がんでなくても。

 

f:id:nishigucci2492:20170509214140j:plain

 

diamond.jp

 

 

 

https://cancer-parents.com

医療者とのぶっちゃけトーク

キャンサーペアレンツでは、子育て世代、就労世代のがん患者のリアルな声を社会に届け、理解を広め、がんになっても生きていきやすい社会を実現したいと考えています。

 

その中で大きなテーマになるのが、医療者との関わりについてです。

今回、市民・患者と医療者が「対話」を通してともに学ぶことのできる場を継続的に提供する「みんくるカフェ」と共同で、イベントを開催します。

 

がん当事者としては、いろいろと知りたいことも多々あり、また、医療者側にもなかなか踏み込めないことも多いと思います。そういったところを、ぶっちゃけで話をしようという企画です。

このイベントの翌日から、医療者との向き合い方、患者との向き合い方が少しでも変わることを期待しています。

 

がん当事者と医療者のぶっちゃけトークイベント!

 

↓申し込みフォームはコチラ↓

docs.google.com

 

www.facebook.com

kokucheese.com

 

 

 

https://cancer-parents.com

 

週刊ダイヤモンド「がんと生きる」

5月8日(月)に発売される週刊ダイヤモンドにて、「がんと生きる」という特集が組まれていますが、キャンサーペアンレツの会員、まさしく働き盛り世代の方へのアンケート調査をはじめとした、生の声がたくさん盛り込まれています。

 

また、私自身の治療と仕事の話にも触れていただいていますし、様々な観点からの考察となっています。

 

f:id:nishigucci2492:20170505131930j:plain

 

dw.diamond.ne.jp

 

発売に先立ち、私の勤務先の社長へのインタビュー記事が掲載されています。

dw.diamond.ne.jp

 

ご一読いただければ嬉しいです。

少しでも、子育て世代、就労世代のがん患者が抱える問題や現状について、理解が広がることを期待しています。

 

 

 

https://cancer-parents.com

 

「がん教育」を普及すべく

がん教育を広め、より理解を深めていくために、取り組んでいきたいと考えています。

生徒へ伝えた時の反応はピュアで、こちらが元気をいただくことも多々あり、がん患者にとっても意義のあることでもあります。また、生徒が聞いた話を家庭ですれば、親の世代にも理解が広がり、「がんに対する正しい理解」につながると考えています。

 

nishiguchi.hatenablog.com

 

nishiguchi.hatenablog.com

 

nishiguchi.hatenablog.com

 

そのために、まずは東京都から進めていくべく、がん当事者として、話を聞いてほしいというお願いで、23区の区長にお手紙を書きました。

 

f:id:nishigucci2492:20170505125813j:plain

 

想いが少しでも伝わればと考えています。

もちろん、これだけでなく、様々なアクション、働きかけを行っていきます。

 

 

 

https://cancer-parents.com