読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳でのがん告知、最後の仕事。

35歳、妻と子(6歳)を持つサラリーマンに訪れた、突然のステージ4のがん告知。自身と同じ境遇の人たちが繋がれる「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」(https://cancer-parents.com)を立ち上げ、治療と平行して活動を続けている。最後の仕事の記録とする。

心からやりたいと思えるコト

「がん」になって気づいたこと。

それは、やりたいことに出会えたこと。

 

これまでの仕事が、決してやりたくないことではなかった。むしろ、楽しんでいたと思う。ただ、いざ「死」を意識した時に、死ぬ前にやることとして自分が納得できるのかどうかという問いに対しては、NOだった。

 

同時に、若くして「がん」になったことには意味があるのではと感じ、ある種の使命感に近いものが芽生えたのかもしれない。それが、キャンサーペアレンツである。

何事もなく仕事をし、死を意識しなければ、間違いなく出会えなかったこと。

 

僕は幸せものです。

病気はいやです。でも、病気ならなければ得れなかったものもあるのは事実。

 

心からやりたいと思えることに、出会えてますか?

 

 

http://cancer-parents.com