読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳でのがん告知、最後の仕事。

35歳、妻と子(6歳)を持つサラリーマンに訪れた、突然のステージ4のがん告知。自身と同じ境遇の人たちが繋がれる「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」(https://cancer-parents.com)を立ち上げ、治療と平行して活動を続けている。最後の仕事の記録とする。

声なき声を届ける

取り組み

NPO法人わたしのがんネット主催のシンポジウムに登壇してきました。

タイトルは、「声なき声を届ける」。

f:id:nishigucci2492:20161210230213j:plain

 

ワンステップの長谷川さん、小児科医の延先生、希望の会の轟さん、国立がん研究センターの若尾先生、厚生労働省の丹藤さん、わたしのがんネット代表の山本さん。こんな素晴らしい方々に囲まれて恐縮でした。

f:id:nishigucci2492:20161210230641j:plain

 

告知から現在までの闘病生活について。そして、キャンサーペアレンツの活動に至るまでの話と、今後の展望についてお話ししました。

f:id:nishigucci2492:20161210230808p:plain

 

また、今回は「がん対策基本法」が改正されたことに伴い、今後のがんを取り巻く環境をどのように良い方向に変えていくかを論じていきました。私からは主に、「がんと就労」というテーマで、キャンサーペアレンツの活動とあわせてお話ししました。

f:id:nishigucci2492:20161210231011p:plain

 

このように、がん当事者、支援者、医療者など、それぞれの立場の方々が考えを巡らせ、周囲を巻き込み、理解者を増やしていくことが、環境を好転させていく足がかりのなるのだと考えています。

 

私自身の活動は微々たるものですが、少しでも、キャンサーペアレンツに集まる声を世の中に発信していけるように、活動を前へ進めていきます。

 

ありがとうございました。

 

 

https://cancer-parents.com