読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳でのがん告知、最後の仕事。

35歳、妻と子(6歳)を持つサラリーマンに訪れた、突然のステージ4のがん告知。自身と同じ境遇の人たちが繋がれる「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」(https://cancer-parents.com)を立ち上げ、治療と平行して活動を続けている。最後の仕事の記録とする。

Hope Tree

NPO法人HopeTreeが主催する、がんの親を持つこどもへのサポートプログラム「CLIMB」。その参加者があつまり、同窓会が開催されたんですが、その場におよびいただき、キャンサーペアレンツのことについて、お話させていただきました。

hope-tree.jp

 

小さなお子さんから、大学生まで。がん当事者の親もいれば、その配偶者の方、死別された方など、様々な方が参加されていましたが、どこかでつながっているという安心感があり、終始和やかな雰囲気でした。

 

キャンサーぺアレンツは、がん当事者の親のつながりなのですが、メディアなどを通じて知っている方もおり、うれしい気持ちにもなりましたが、その反面、期待も大きく、もっとサービスをより良いものにしていかないといけないと、強く感じました。

 

今後も、HopeTreeの活動にもお力をお借りしながら、また協力できるところでは、しっかりと協力させていただきながら、がんになっても生きていきやすい社会を目指して、取り組んでいきます。

 

 

http://cancer-parents.com