読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳でのがん告知、最後の仕事。

35歳、妻と子(6歳)を持つサラリーマンに訪れた、突然のステージ4のがん告知。自身と同じ境遇の人たちが繋がれる「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」(https://cancer-parents.com)を立ち上げ、治療と平行して活動を続けている。最後の仕事の記録とする。

こどもへの残し方

いろんな考えがあると思う。

 

そもそも、そんなことを考えるな、生きろ!とか。

手紙やビデオを残しておいたら。とか。

今、想いでをたくさん残してあげて。とか。

 

僕にも考えがある。

それは、こどもが大きくなったときに、父の存在に気付けること。父のことを誇れること。

こどもがいて、がんになった親が、まず見るサイトがキャンサーペアレンツであり、がんを取り巻く企業や団体、関連組織含めて、このサービスがなくてはならない状態になっていて。

自分のこどもが、がんに関わることがあり、このキャンサーペアレンツを作ったのが父であることを知る。それが、僕はかっこいいと思う。

 

エゴかもしれないし、こどもがそう思わないかもしれない。

でも、それが、僕の残し方。

 

 

http://cancer-parents.com