読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳でのがん告知、最後の仕事。

35歳、妻と子(6歳)を持つサラリーマンに訪れた、突然のステージ4のがん告知。自身と同じ境遇の人たちが繋がれる「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」(https://cancer-parents.com)を立ち上げ、治療と平行して活動を続けている。最後の仕事の記録とする。

がんと就労に関するアンケート

キャンサーペアレンツの会員の方に、「がんと就労」についてアンケートにご協力をいただきました。ありがとうございました。

回答数はまだまだ少ないですが、それでも様々な問題が見え隠れしています。様々な問題をより深堀しながら、少しでも働きやすい、生活しやすい、これまでと変わらない暮らしができるように、活動を進めていきたいと考えています。

 

アンケート結果はこちら↓

アンケート結果(2016年6月:がんと就労)by Cancer Parents - Docs.com

 

下記にアンケートサマリーを書き出しておきます。

 

■有効回答数は、17名(こどもをもつがん経験者のみ)

■男性6名(35%)、女性11名(65%)

■回答者の平均年齢は40代前半

 

■告知後の仕事について

そのまま続けた:10名(63%)

退職した:5名(31%)

転勤した:1名(6%)

 

※「そのまま続けた」方のコメント(一部)

・体調が良くても、休職を求められた

・次回、長期で休むと非常勤になってもらうと、上司に言われた

・収入源になった

 

※「退職した」方のコメント(一部)

・闘病と育児と仕事の両立はできないと思ったから

・業務軽減されなかったため

・主人にとめられたから

 

■自身ががんであることを、職場に伝えたか

はい:14名(87%)

いいえ:2名(13%)

 

※職場に伝えた時の反応(一部)

・いつでも待ってるよと言ってくれた

・仕事の時間、通勤ルートなど、配慮してくれた

・治療が長引くにつれ、就業規則の話を持ち出され、解雇通告予定書が送られてきた

doc.co

 

http://cancer-parents.com