読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳でのがん告知、最後の仕事。

35歳、妻と子(6歳)を持つサラリーマンに訪れた、突然のステージ4のがん告知。自身と同じ境遇の人たちが繋がれる「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」(https://cancer-parents.com)を立ち上げ、治療と平行して活動を続けている。最後の仕事の記録とする。

抗がん剤

今日は病院だったが、抗がん剤の投与はできなかった。白血球の数値が低く、カラダが耐えられる状態ではないから。

今は、3週連続で投与し、1週お休みのペースではあるが、今回のように投与の週なのにできない日がよくある。2週連続でできていないので、『2週目の壁』とでも呼んでおこう。

長い闘病生活の中で、もう焦ることはない。粛々と治療をする。選択肢が少ない中では、目の前の治療に頼ることしかできない。だからこそ、私生活を充実させて、免疫力を高めることが大事になる。

 

この先どうなるかは、誰にもわからない。

だからこそ、今を大切に。今日を大切に。気持ちに素直に。想いを伝える。

 

http://cancer-parents.com