読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳でのがん告知、最後の仕事。

35歳、妻と子(6歳)を持つサラリーマンに訪れた、突然のステージ4のがん告知。自身と同じ境遇の人たちが繋がれる「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」(https://cancer-parents.com)を立ち上げ、治療と平行して活動を続けている。最後の仕事の記録とする。

並走する人の大切さ

その他

最近、2つの話を聞いた。

一つは、学校の先生には、仕事の悩みを相談できる相手が少なく、先輩の先生に聞いてもよい解決策が得られず、困っている。異なったアプローチから、先生と並走できる人の存在が必要なのではないか。

一つは、こどもの教育における親の存在。コツコツ努力を続けることを、親がどれだけ親身になって並走することができるか。温かく、厳しく接しながら。

いずれも共通しているのは、一人ではなく、一緒に進めることの大切さ。

常に並走できる人でありたいし、並走したいと思われる人でありたい。