読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳でのがん告知、最後の仕事。

35歳、妻と子(6歳)を持つサラリーマンに訪れた、突然のステージ4のがん告知。自身と同じ境遇の人たちが繋がれる「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」(https://cancer-parents.com)を立ち上げ、治療と平行して活動を続けている。最後の仕事の記録とする。

アナザーライフ

メディア

私の性格や、これまでの経緯、病気になってからの気持ちの移り変わり。

そして今、何を考えているのか。それを、取材をつうじてまとめて頂きました。

想いは必ず伝わるし、伝われば変わっていく。

サービスを広めていくことも、利用者の声を集めていくことも、その声を発信していくことも、すべては「想い」が起点にある。それがなきゃダメだとおもう。

 

「想い」が集まれば「声」になる。「声」が届けば、社会はきっと変わる。|がん患者コミュニティサービスの運営 西口 洋平さんの人生インタビュー|another life.(アナザーライフ)

f:id:nishigucci2492:20160616183154p:plain