35歳でのがん告知、最後の仕事。

35歳、妻と子(6歳)を持つサラリーマンに訪れた、突然のステージ4のがん告知。自身と同じ境遇の人たちが繋がれる「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」(https://cancer-parents.com)を立ち上げ、治療と平行して活動を続けている。最後の仕事の記録とする。

その他

雑感もろもろ取材にて

取材をしていただきました。 顔がちょっと疲れてますが、お許しください。 ちゃんと、Tシャツ着てます。 kokoyuta-jp.com https://cancer-parents.com

マンスリーサポーター

毎月500円。 キャンサーペアレンツにご寄付をお願いします。 また、周囲の方にもお知らせいただければ嬉しいです。 syncable.biz 寄付金をたくさん集めることが目的ではありません。 多くの方に、キャンサーペアレンツの活動を知っていただくこと。 そして、…

寝れない

抗がん剤を投与するようになってから、寝てから朝(起きる時間)まで目が覚めなかったことがほとんどない。つまり、目が覚めてしまう。 これは、クスリの副作用なのか。もしくは、気持ちの不安定さからくるものなのか。もしくは、まったく異なる理由なのか。…

同窓会にて

出身高校の同窓会があり、その前座?として、講演をさせていただきました。 恩師や同級生がいるなか、やりにくさもありながらも、身近な人に改めて話をする機会もなかなかないもので、貴重な機会としてしっかりと、笑いも交えてお話をしてきました。 このよ…

黄疸か・・・

お盆休み中のある日。ものすごく暑い日でした。 「ちょっとしんどいなー」と感じて、家に帰ってしばらくすると、明らかに熱があると思える。ただし、体温計は使わない。悪寒を感じた。 カラダを冷やさないようにしながら、早く寝ることに。しかし、どんどん…

AYA Life

中外製薬株式会社が運営するがんと生きるAYA世代の方のための情報サイト「AYA Life」。 AYA Life-あやライフ-知ってほしい、あなたのこと、病気のこと AYA世代とは 「AYA(あや)」とはAdolescent and Young Adultの略で15歳~39歳前後の思春期・若年成人の…

ジャパンキャンサーフォーラム2017

8月19日(土)と20日(日)の2日間。 日本橋にて、「ジャパンキャンサーフォーラム2017」が開催されます。 www.cancernet.jp このイベントは、日本最大級のがんに関わる全ての方が参加できるフォーラムで、今年で第4回目を迎えます。参加費は一部を除きすべ…

3年目の旅行

2015年2月のがん告知。先は長くないかもしれない。 そんなときに決めた、『毎年、海外旅行に行こう!』。 最初は、2015年7月。小学1年生になった娘の夏休みにあわせて、かつ、少しでも安いタイミングでと、夏休みに入るやいなや、すぐに旅立ちました。 パス…

学生へのお話し「学生版松下村塾」

伊勢谷友介さん率いるリバースプロジェクトが主催する、学生版松下村塾。 今回は第5回目ということで、その講師として呼んでいただきました。私では役不足感はもちろんありますが、全力でチャレンジしてきました。 csw.itoki.jp 会場は、ITOKIが提供するSYNQ…

乳がんのイベント

KSHS全国大会2017に参加をしてきました。 www.kshs.tokyo たくさんの方がこられていて、非常に盛り上がっていました。 男性の私は、肩身の狭さを感じざるを得ないぐらい、女性パワーに圧倒されてしまいました。 「よつばの会」の原千晶さん、キャンサーペア…

ナオさんの日記(1)

キャンサーペアレンツを開設して1年がすぎ、会員数も1,000名を超えました。 日々、様々なやりとりが繰り広げられる中で、印象に残った日記を、是非多くの方に見ていただきたいと思い、本人に了承を得て、公開をさせていただきます。 少しずつですが、見てい…

がんノート

明日、6月25日(日)13:00~より、がんノートに出ます。 www.facebook.com 実は2度目の出演になります。昨年の4月に出演した際に、来年も呼んでください!と自分に発破をかける意味で言ったことを覚えていてくださり、2度目の出演となりました。 1度目の様…

オンコロ2周年 #2

オンコロ開設2周年イベント。 昨年の1周年イベントの時に、がん体験者として、夢を語りました。その夢がどうなったのかをお話しする時間をいただきました。 「キャンサーペアレンツを事業化する」 という夢を語りましたが、まだまだ事業化というところまでは…

オンコロ2周年

がん情報サイト「オンコロ」の開設2周年イベントが、今週末に開かれます。 oncolo.jp 昨年の1周年イベントに登壇させていただいたご縁で、今回も少しお話をさせていただきます。 ご都合があえば、お越しください! https://cancer-parents.com

体調、わろし・・・

定期的、だいたい半年おきぐらいに入院をしていますが、前回が昨年の秋だったので、そろそろという時期になってきました。 なぜ入院かというと、「胆管がん」において、がん細胞が胆管を閉じようとしてくるわけですが、それを食い止めよう(中を流れる胆汁を…

900名

キャンサーペアレンツの会員数が900名となりました。 サービスリリースから1年1か月。地道に、また課題も多く、まだまだこれからですが、そんななかでもこれだけの「仲間」ができました。 多くの方に、日々支えられています。本当にありがとうございます! …

オフィシャルTシャツ

UTmeにて、キャンサーペアレンツのオフィシャルTシャツの販売を開始しました。 販売による利益はすべて、キャンサーペアレンツへの寄付となります。 utme.uniqlo.com https://cancer-parents.com

別れ

キャンサーペアレンツを立ち上げて1年。 たくさんの出会いがありました。その一方で、別れもあります。 立ち上げから間もない時に会員になっていただき、多くの会員の方のよき相談相手になっていただいていた方がいました。親身になって相談にのり、みなさん…

Tシャツ

これから、様々な活動のなかで着るために、作ってみました。 3種類です。どれがいいですかね? ロゴをあしらったもの。CPくん、CPちゃんがいます。 メインデザインをど真ん中に大きく。インパクトありますね。 サービス名のみ。シンプル。 イベントがあれば…

3度目のサクラ

退院するときに咲いていたサクラ。 丸一年を迎え、去年見たサクラ。 来年、見れるかはわからない。 3度目のサクラ。 病院からは、いつも綺麗なサクラが見える。 行き交う人も、ワクワクしている。 闘病3年目に突入します。 今年も色んなチャレンジをしていく…

がん告知から、職場復帰まで

私なりに振り返ってみました。 様々な出来ごとがあったので、備忘録として残しておきます。 www.huffingtonpost.jp https://cancer-parents.com

詰まりかけの排水管

ぼくの胆管の状態をわかりやすく主治医が表現したもの。 ひとたび詰まると炎症が起こり、発熱、黄疸の症状がでる。 いつそうなってもおかしくない。 そうなれば、もちろん入院。 https://cancer-parents.com

愛知県がんセンター

愛知県がんセンターに訪問してきました。 子育て世代、働き盛り世代のがん患者のための取り組みがなにかできないか。その打ち合わせの機会をいただきました。 最寄り駅の改札から、案内標識がいたるところにありました。 道中には、大きな看板も。 到着。大…

500名

2016年4月にリリースして、10ヶ月。 ご登録いただいた方の数が、500名を超えました。 キャンサーペアレンツのTOPページのキャプチャ 多くの方にご協力をいただき、ここまで来ることができました。 ただ、まだまだはじまったばかりです。やらなきゃいけないこ…

教えていただきました。

運営や事業のことなど、勉強させていただくために、認定NPO法人フローレンスにお邪魔させていただきました。 florence.or.jp 様々な取り組みをされており、どれも非常に意義のあるもので、より多くの方にサービスを届けてほしいと思える。 事業に対する想い…

年末年始

地元の大阪に帰り、ゆっくり。 年末、なつかしの地を散歩してきた。とくにあてもなく大阪駅へ。 ひとり暮らししていた頃、家の近くにあったラーメン屋さん。仕事帰りによくいっていたなつかしの店。 大阪駅から少し南へ。中の島の中央公会堂。ここで結婚式を…

2016

2月に人生初のビジネスコンテストに参加した。 4月にカミングアウトした。がんで闘病中であること。 4月に「キャンサーペアレンツ」をリリースした。 5月にセカンドオピニオン。命の限界をつきつけられる。 6月に会社を辞める選択。7月に新たな働き方を選択…

体力回復のための散歩

入院でなまった体をもとに戻すため、散歩がよい。気候もいいし、散歩日和となった。 行ってきたのは、巷で話題の谷根千エリア。日暮里駅で下車して、トボトボ歩く。 まず人の多さに驚く。そして外国人も多い。 谷中銀座の入口 商店街は活気に溢れている カジ…

チャリティライブ

生まれて初めて、チャリティライブなるものに行ってきました。 小児がんやAYA世代におけるがんについての啓発を進めるもの。 麻美ゆま、Pile、夢みるアドレセンス、Cyntia、LinQ、Bitter&Sweetという、ガールズアーティストが参加しました。 耳が痛かったで…

赤ちゃんと。

友人が連れて来た赤ちゃんと。 自分のこどもは7歳だけど、こんなときもあったんだなーと感慨深くなった。同時に成長したなーって。よく大きくなってくれたなーって。 わんぱくでもいい。 たくましく育ってほしい。 http://cancer-parents.com